矯正歯科で治療する利点や治療をした方がいい歯並び

矯正歯科のメリットはここにあり!治療が必要なケースもチェック

歯を気にする人が少ない

海外のように、小さいころから歯の矯正をするという習慣がなかったため、日本人の歯に対する意識は薄いといえます。一方で、歯の治療をしたことで、様々なメリットを感じることができることも治療を後押ししています。

矯正をするメリットを大公開!

コンプレックスがなくなる

出っ歯やでこぼこの歯、かみ合わせが深いなどの理由で歯並びにコンプレックスを抱いている方は沢山います。矯正治療をすれば、見た目は格段に良くなるので治療をして後悔したという声はあまり聞かれません。

手入れがラクになる

叢生ら乱杭歯の場合、歯があっち向いたりこっち向いたりとバラバラな状態なので、手入れ不足による虫歯や歯周病が心配です。このような状態を歯科矯正で改善することで、歯磨きがしやすくなります。

かみ合わせがなおる

歯の位置がずれるだけで、かみ合わせが悪くなり肩こりや頭痛が現れるようになります。また、噛み合わせが悪いと左右の歯で物を噛むことが難しくなるので、顎関節症になりやすく歯ぎしりの頻度が高くなります。矯正歯科で治療をすれば、こういった症状がウソのようになくなります。

健康になる

歯が美しくなると笑顔に自信が持てます。その影響で副交感神経が働き、血糖値の上昇を抑えることが可能となります。また、老化の原因になる活性酸素の発生を効果的に防げるので、健康のために矯正歯科を行なう人もいます。

矯正歯科で治療する利点や治療をした方がいい歯並び

口元

出っ歯

下の歯より前に出ている状態を出っ歯と言います。口が閉じない、顎が梅干しみたいになるという特徴を持っており、歯を出して笑うと余計目立ちます。前に出ている分、奥歯に与える負担は相当なものなので、歯の事を考えるなら治療を検討すべきです。

過蓋咬合

あまりにかみ合わせが深いと、下の歯が覆いかぶさるように隠れてしまいます。見た感じではわからないため放置されることが多いですが、顎を動かした時に前歯がよく引っかかるので顎の関節が疲れやすくなります。その時に違和感を感じて歯医者を訪れるケースもありますから、鏡をみてかみ合わせが深いと感じたら名古屋駅周辺の矯正歯科を受診しましょう。

開咬

過蓋咬合とは別に、上と下の前歯が完全に噛み合わない状態です。物を噛んた時の力はすべて奥歯に行ってしまうので、負担はかなりのものでしょう。

交叉咬合

奥歯がずれてしまった状態を交叉咬合と言います。素人目では目立ちにくく発見できない症例ですが、放置するとかみ合わせがより悪くなる可能性があります。かみ合わせのチェックで指摘された時は治療を考えてみましょう。

広告募集中