インプラント治療の気になる流れをチェック!

歯医者で受けるインプラント治療の詳しい概要と皆の疑問を解決

インプラント治療の気になる流れをチェック!

インプラント

カウンセリングで自分の希望を伝える

インプラントをしたい場合、まず手術を担当する歯科医師と共に、インプラント治療についての相談を行ないます。治療に対する希望や心配事は、カウンセリングの時に解決できるでしょう。レントゲン撮影で骨と歯茎の状態を見て、かみ合わせの確認をした後実際に治療計画を立てていきます。

本格的に計画をたてる

精密検査の結果に基づき、患者に最適な治療プランを立てるのがインプラント治療で失敗しない方法でもあります。そのため、治療計画を立てる途中で気になることや納得いかないことがあれば、積極的に尋ねましょう。京都の歯医者が希望に沿うように調整してくれます。

虫歯や歯周病がある場合は先に治療

インプラントを実際に埋め込む前に、歯を失う原因となる歯周病や虫歯の治療を先に行ないます。口腔内の状況がよくなったら本格的な治療に入りますが、身体的な不調を訴えた場合は完治してからになります。

治療に対する心配事

入院の必要はありますか?

インプラント手術は特別大がかりなものではないので、日帰りが基本です。時間はおよそ10分から15分なので、体に与える負担も最小限で済むでしょう。

一本入れるのにどのくらい期間かかりますか?

骨の厚みが標準に達している場合は、一本につき3か月ほどで完了できます。しかし、厚みが足りない場合は足したりなどの治療が必要なので期間はさらにかかります。

仮歯を入れるまでの期間とは?

インプラントを埋め込んだ後、骨と無事くっつくことができたらかみ合わせを見てかぶせ物をします。この時に要する期間は一週間から二週間で、その間にインプラントが取れたり、歯茎が晴れたりなどの症状が出る場合は様子を見て治療をします。

メンテナンスしないとどうなりますか?

歯を失う原因によりますが、歯周病だったら手入れなしで長持ちさせるのは困難です。インプラント治療をした後は、定期的なメンテナンスが必要でしょう。治療費も高いですから、真面目に通うに越したことはありません。

治療期間を短縮することは可能ですか?

仕事が忙しい人だと、歯医者に通う余裕がないのでなかなか治療に踏み切れないのが現状でしょう。しかし、技術の発達により期間を短縮できるインプラント治療があるので歯医者で話を聞いてみてください。

広告募集中